わけあって終日打てない5スロッター

5スロ(終日では無いですが・・・)実践日記や新台情報や解析を紹介します。

スポンサーサイト

Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うーん。残念。

Category: テレビ  
九回2死走者なしから始まった猛反撃は、あと1点だけとどかなかった。本塁までの距離にして10メートルくらい?(あまり詳しくないのですみません)
三塁ライナーに終わった最後の打者は、小学4年のときからバッテリーを組んでいるという若林君だった。
一瞬抜けるかと思われた打球だったが、運も味方したのか三塁手のグラブの中へ・・・奇跡はここで終わってしまった。
初めての決勝の舞台に、名門中京大中京が相手。巷では劣勢が予想されていたが、奇策に走ることなく、真っ向勝負を挑んだ。6点リードされた九回。それも2死という絶望的な状況に追い込まれながらも、驚異的な粘りで球場を沸かせた。
かなり昔の話になるが、「逆転の報徳」を思わせるような、近年稀に見る粘り。うちの親父は「これが越後粘りだ!」と言っていたが、まさにその通り。
大河ドラマの「天地人」でも新潟(越後の国)は話題になっているが、まさに謙信が乗り移ったかのような怒涛の攻め!ドラマも含めて、新潟県はしばらく野球とドラマで話題に事欠かないだろう。
 1997年夏に初めて甲子園の土を踏んだ日本文理は、初戦で智弁和歌山(和歌山)に19失点と惨敗したチームとは思えない。チームは3年前のセンバツで8強入りするなど徐々に力をつけていた。(新潟県勢がセンバツに出ること自体すごい事だ)
今大会は全試合で2けた安打を放って堂々の準優勝。PL学園かと思わせるような脅威の打線!
新潟の野球が変わった年になったと思います。今までこんなに打った高校は新潟代表ではいなかった。
大井監督自身、選手でも監督でも準優勝というなかなか例のない快挙。
来年以降も期待してます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記    ジャンル : 日記

Comments


« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
4519位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
パチンコ/パチスロ
1282位
アクセスランキングを見る>>
関連アイテム
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
FC2カウンター
最新トラックバック

fixed footer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。